Quadcept Managerにグラフィカルな「ログ機能」が登場

新機能

Quadceptのライセンス管理サービス「Quadcept Manager」に「ログ機能」が搭載されました。

CADのライセンスの利用状況をユーザ別、製品別にグラフィカルに可視化し、 保有ライセンスの管理・最適化が容易になりました。

ログ機能のメリット

  • 担当者ごとの利用時間を把握することで、最適な保有ライセンス数の調整が可能
  • ライセンス要求の失敗率を可視化することで、ライセンス不足を瞬時に把握
  • データはCSVとしてダウンロードでき、お客様独自の詳細な分析にも活用可能

ログ機能とは?

稼働率 設計に費やす時間の把握
ライセンス利用状況 ライセンスの効率的な運用
ライセンス取得失敗状況 不足時の迅速なライセンスの追加、開発遅延防止
ユーザの利用状況 設計者の労務管理
ライセンス数の推移 過去一年間における製品別のライセンス数の推移

稼働率

POINT
保有ライセンスの「稼働率」「失敗率」の可視化

ライセンス利用状況

POINT
保有ライセンスの「利用時間」「利用率」の可視化

ライセンス取得失敗の状況

POINT
保有ライセンスの「取得失敗回数」「失敗率」の可視化
ライセンス不足を瞬時に把握

ユーザの利用状況

POINT
ユーザの製品別「ライセンスの利用時間」の可視化

ライセンス数の遷移

POINT
過去1年間における製品別のライセンス保有数の推移を可視化

今回のリリースについて

今回「Quadcept Manager 」に搭載された「ログ機能」により、 ライセンス利用状況のグラフィカルな可視化を実現しました。

ライセンスの管理者は、無駄なく効率的にQuadceptを運用できるとともに、 働き方改革やリモートワーク導入を円滑に進める有効な機能となります。

ぜひ、ご活用ください。

参考 ライセンスのログ管理Quadceptオンラインマニュアル
0