お役立ち資料のダウンロード

DEMITASNX EMIチェックサービスで、EMI設計を手軽に始めよう!

DEMITASNX EMIチェックサービスで、EMI設計を手軽に始めよう!

効果的なEMI設計を行うためには、基板の設計・試作終了後に行う限られた対策ではなく、プリント基板設計の初期段階で解析ツールなどを使用したEMIノイズ対策が必要です。

本サービスはQuadceptのクラウド上で、NECソリューションイノベータが提供するEMI抑制設計支援ツール「DEMITASNX」を実行、設計アドバイス付き解析レポートをExcel形式でダウンロードできるQuadceptのクラウドサービスです。ODB++のデータが手元にあれば、使用CADの種類に関わらず、どなたでも利用可能なサービスですので、ぜひ最後までご覧ください!

1. 設計初期段階でEMIチェックを実行する必要性

a) EMIチェックって何のためにやるの?

製品の小型化、無線化、多様化に伴いEMC設計の重要度は年々高まっています。
その中でもEMI(Electro Magnetic Interference)は妨害電波となり、電気信号に干渉し、他の機器やシステムに対して悪影響を及ぼします。
それを防ぐために、プリント基板の設計段階から対策をしていく必要があります

 

b)  設計初期段階にやるメリットとは?

基板作成後にEMIノイズ対策を行うこともできます。しかしながら、基板が完成した後では対策方法が限られるため、プリント基板設計の初期段階で解析ツールなどを使用しEMIノイズ対策を行う方が効率的です。

c) DEMITASNX EMIチェックサービスでできること

DEMITASNXは、NECソリューションイノベータ株式会社が提供するプリント基板設計における、EMIノイズ対策のソフトウエアです。

国内外の研究機関で検証された「EMIルールチェック機能」を搭載し、プリント基板設計の初期段階でのノイズ対策が可能です。幅広い分野の電子機器の基板ノイズ対策に利用されており、多くのお客様で品質改善の効果を実感していただいています。

「DEMITASNX EMI チェックサービス」は、EMIチェックルール15 項目のうち、ニーズの高い4項目に絞って提供しています。
*個別対応にて他のチェック機能も使用できますので、こちらからお問い合わせください。

詳しい機能やサービス内容は下記リンク先をご確認ください。

参考 DEMITASNX EMIチェックサービスについて

2. DEMITASNXを使いこなす簡単ステップ

本サービスのご利用には、ライセンスが必要になります。

簡単ステップでは、1)ライセンス購入、2CADからのワンクリック解析、3解析結果のダウンロード、の各方法をGIF動画でご説明します。

1)ライセンス購入

ライセンスの購入にはQuadceptアカウントが必要です。アカウントを新規登録後、ライセンスの管理や購入ができる「Quadcept Manager」をご利用いただけます。

*既にQuadceptアカウントをお持ちの方は、ログイン後、ライセンス購入画面にお進みください。
*Quadceptアカウントをお持ちの方でない方は登録ください。登録方法(マニュアル)はこちら

 

参考 DEMITASNX連携:ライセンス購入方法オンラインマニュアル

2-a)CAD内からワンクリック解析

Quadceptで設計したデータは、Quadcept PCB Designer メニューからワンクリックで解析を実行することができます!

参考 DEMITASNX連携:Quadceptデータから解析実行オンラインマニュアル

2-b)Quadcept Managerから解析

ODB++が手元にあれば、使用CADの種類に関わらずどなたでも利用できます
この場合は「Quadcept Manager」にログインし「EMIチェックサービス」のページからODB++を直接アップロードすることで解析を実行することができます。

参考 DEMITASNX連携:ODB++ファイルから解析実行オンラインマニュアル

2-c)解析時の注意点

解析時間

解析時間は設計データによって異なります。サーバ側で逐次処理をしているので、レポートの生成に時間がかかることがあります。

解析データのアップロードについて

・データは必ずzipまたはtgz形式に圧縮してアップロードください。(データ容量は128MBまで)
・解析が終了し、レポートが作成されるまで次のデータのアップロードはお控えください。
ODB++データの読み込みに失敗する場合は、注意事項をよくお読みの上、再度データをご確認ください。それでも読み込みに失敗する場合は個別サポートいたしますので、弊社までお問い合わせください。

参考 ご利用上の注意点Quadcept「DEMITASNX_EMIチェックサービス」

3)解析レポートをダウンロード

解析が完了したら「Quadcept Manager」からレポート(Excel形式)をダウンロードすることができます。

*レポートは解析完了後(レポート生成後)、30日間保存しております。

参考 DEMITASNX連携:解析結果オンラインマニュアル

3. 解析結果からどう修正したらいいの?

a) 解析レポートの見方

レポートは、シートごとに「サマリ」「ネット系チェック結果」「部品系チェック結果」に分かれています。各エラー箇所のキャプチャ画像とエラーの詳細、対策方法が分かりやすく明記されております。また、優先度の高い順に「High」「Mid」「Low」と色分けされていますので、お客様でご判断の上、修正対応していただくことができます。

b) 有償の技術コンサルティングサービス提供のご案内

解析レポートは見たが具体的にどう修正して良いか分からない、EMIの問題が解決されないなどのお悩みをお持ちの方、ご安心ください。QuadceptではEMI設計に関する有償のコンサルティングサービスを提供しております。

まずはお気軽にお問い合わせください。詳細ヒアリング後お見積をさせていただきます。

見積もり依頼する

4. 4つのEMIチェック以外の解析をご希望の方へ

4つのEMIチェック以外のDEMITASNXの全ての機能も個別に承っております。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

もっと詳しくチェックしたい

  • 4つのEMIチェック以外
  • パワーインテグリティ設計支援機能
     ・インプットインピーダンス / トランスファーインピーダンス解析機能
     ・IRDROP解析機能
  • 電源 – GND間共振解析機能
  • ESDチェック機能
  • スイッチング電源チェック機能

上記の機能は別見積でご対応いたします。
お問い合わせフォームに興味あるDEMITASNXの機能をご入力ください。