BLOG

【無料セミナー】ポリマータンタルコンデンサ、基板内蔵キャパシタを用いた最新設計技術セミナー


セラミックコンデンサ、キャパシタ不足を一挙解決!
〜 ポリマータンタルコンデンサ、基板内蔵キャパシタを用いた最新設計技術セミナー 〜

タイムテーブル

12:30 〜 13:00
開場・受付開始 展示ブースをお楽しみください
13:00 〜 13:15
主催挨拶 Quadcept株式会社 代表取締役 CEO 加藤 昌宏
第1部
13:15 〜 13:45
Quadceptのご紹介

Quadcept株式会社 シニアコンサルタント 森本 泰久

初期費用0円の高機能CAD “Quadcept” と、
Quadceptが提供する便利なサービスについてご紹介させていただきます。

第2部
13:45 〜 14:45
基板内蔵キャパシタ(FaradFlex)によるEMI/SI/PI設計技術

TOYOTech LLC Director of Engineering  府川 佳広 氏

昨今、キャパシタの品不足が大変問題になっています。
基板内蔵キャパシタを使えば、電源デカップリング用のパスコンは、ほとんど削除する事が可能です。更に、EMI低減や、SI/PI向上にも効果がありますので、シミュレーションや実験結果を元に、周辺の技術解説も行います。

休憩(15分)
展示コーナーをお楽しみください
第3部
15:00 〜 16:00
ポリマータンタルコンデンサ (NeoCapacitor,KO-CAP) のご紹介

株式会社トーキン キャパシタ事業部 中野 伸次 氏

小型大容量のポリマータンタルコンデンサでセラミックコンデンサ(MLCC)の品薄、実装問題を解決します。そのための技術情報を提供いたします。

設計技術 質疑応答

・目的別、ケース別に最適なコンデンサ選びとは?
・ポリマータンタルコンデンサはどういう部品なのか?
 MLCCとの違いを解説します。

第4部
16:00 〜 17:00
試作リードタイム大幅短縮! Elefab™️ のご紹介

Quadcept株式会社 AWエンジニア 岡本 洋介

・無料部品ライブラリのご紹介
・MLCCからポリマータンタルへの置き換え方法と実演
・Elefab™️のご紹介

セミナー詳細

タイトル
セラミックコンデンサ、キャパシタ不足を一挙解決!
〜 ポリマータンタルコンデンサ、基板内蔵キャパシタを用いた最新設計技術セミナー 〜
開催日
2018年11月30日(金)13:00~17:00(受付12:30〜)
参加費
無料
定員
先着25名(事前申し込み制)
持ち物
名刺(受付にて頂戴しております)
会場

Quadcept株式会社 本社セミナールーム

〒531-0072 大阪市北区豊崎3丁目1-22 淀川6番館 4F

JR「大阪駅」より徒歩10分 / 阪急・阪神・地下鉄「梅田駅」より徒歩10分

主催
株式会社トーキン、Quadcept株式会社
協賛
オーク三井テクノロジーズ