約1500万点追加!無償提供部品「SamacSys」連携

これまで、設計業務の中で生じる「部品ライブラリ」の作成は大幅な時間を費やすため、市場への製品リリースが遅れるなど、多くの開発者を悩ましてきました。

そこで、Quadceptはこの問題を解決すべく、部品ライブラリ提供会社『Ultra Librarian』や『Share』との連携で、約2500万点の「部品ライブラリ」を取得し、部品作成時間削減に貢献してきました!

さらにこの度、Quadceptは部品ライブラリ提供会社『SamacSys』と連携し、約1500万点(2021年1月14日時点)の「部品ライブラリ」追加を実現します!

設計者は『SamacSys』からの部品ライブラリをダウンロード可能になるうえ、もし部品が提供されてない場合には『Samacsys』へ‟無料”で「部品作成依頼」ができるなど、確実に皆様の業務効率化に貢献します!

らくらく!『SamacSys連携』で部品ライブラリ入手!

それでは、実際に『SamacSys』から使いたい部品ライブラリをダウンロードし、Quadceptで配置する手順を確認していきましょう!

※下記の連携操作の他に、『RSコンポーネンツ』又は『Mouser Electronics』から部品ライブラリをダウンロードされる方は、「Library Loader」 を通じて部品ライブラリを取得することもできます。

Step1:部品ライブラリを検索してダウンロードしよう!

まずは『SamacSys』のホームページにアクセスし、マイページから部品を検索して下さい。
「キーワード」、「部品仕様」、「型番」による条件検索ができ、部品を簡単に探すことができます。

部品ライブラリがない場合でも、‟無料”で「部品作成依頼」が可能なので、作成依頼中は他の作業をするなど業務を効率化してください。

●部品ライブラリ一覧からダウンロード

●部品ライブラリがない場合は無料で「部品作成依頼」

Step2:部品ライブラリを入力して、配置/編集しよう!

入力の後に、部品ライブラリは自由に配置/編集することができます。もし部品配置後に部品サイズを変更したい場合は【部品サイズ変更】にて操作可能です。

ご使用にあたっての注意

『SamacSys』をご利用の際には、データシート/パッド/寸法などをご確認の上、実機にて適正値をご確認ください。

※『SamacSys』の部品データのご利用に関して発生した不利益について、当社は一切の責任を負うことはできませんので、ご理解ご了承の程よろしくお願いいたします。

参考資料

参考 SamacSys入力オンラインマニュアル 参考 部品サイズ変更オンラインマニュアル

+4