05:各種パラメーター『設定』のコツ。

LTspiceでは6種類のシミュレーションが可能です。
各シミュレーションを実行するには、各解析パラメーターを設定する必要があります。
Quadceptの上部メニューバーから「プロジェクト」→「LTspice連携」を選択するとLTspiceパラメーターダイアログが表示されます。各パラメーターはLTspiceと同じで、LTspiceをご使用されてきた方は、見慣れた項目だと思います。ここで設定したパラメーターはプロジェクト単位で保持されます。※設定項目の詳細はオンラインマニュアルをご確認ください。

パラメーター設定後は、ダイアログの下部メニューの「シミュレーション種別」でLTspiceで実行したいシミュレーションの種類を選択し、「OK」でLTspiceへデータを転送します。

06:LTspiceでシミュレーションを『実行・確認』のコツ。
0