BLOG

Quadcept 9.3.6をリリースしました。

新しい機能

Common

  • Ultra Librarian形式のライブラリデータの入力機能を追加しました。

PCB Designer

  • ガーバーデータ(RS-274X)の入力機能を追加しました。
  • 配線長測定機能を追加しました。
  • 円弧作成機能を強化しました。(自由角度の円弧)
  • 適切なサーマルが作成されるようにサーマル発生仕様を見直しました。(カスタマイズパッドに対応)
  • お客様からご指摘いただいた内容について、CR-5000BDインポートの変換を改善しました。

解決された問題

Common

  • 部品をコピー&ペーストした際のReference番号の採番動作を改善しました。
  • ショートカットやカスタマイズなど環境設定もバックアップに含めるように改善しました。
  • PDFからコピーした特定の文字を部品属性に貼り付けるとエラーが発生する問題を修正しました。
  • qcom出力時に一部のフットプリントがリンクオブジェクトに含まれなかった問題を修正しました。

Circuit Designer

  • ピン数違いのゲートスワップに対応しました。
  • ピンスワップ後のバックアノテーションに対応しました。
  • 結線のコピー&ペースト時にピン接続しなかった問題を修正しました。
  • 特定の状況においてERC [ネット分断]が誤検出される問題を修正しました。

PCB Designer

  • パッドスタック編集時のエラーチェックを見直しました。
  • オンラインDRCのエラー表記不正を修正しました。
  • 角配線を含む設計においてDRC実行でエラーが発生する場合がある問題を修正しました。
  • 印刷ダイアログのウィンドウサイズが推奨解像度に準拠していなかった問題を修正しました。
  • 層ロック時の挙動が正しく動作していなかった問題を修正しました。
  • 内層ビアのランドが正しく生成できていなかった問題を修正しました。
  • 層設定の読み込み時に保存された層の並び順が変更される問題を修正しました。
  • 長円・長方形のThroughパッドに対する動的ベタのクリアランスが正常に確保されない問題を修正しました。
  • PollEx ASCII入力において部品属性が欠落する問題を修正しました。
  • PollEx ASCII入力の不正動作を修正しました。
  • Quadcept Communityにおいて部品クリアランスの設定が無効になっていた問題を修正しました。