同・複数ページへのラベル/ポート接続

同ページと複数ページに関連するネット接続方法をご説明します。
同ページ内ではラベル・ポートにて接続が可能です、複数ページでの接続にはポートのみが接続対象となります。

同・複数ページへのラベル/ポート接続について

ラベル接続

ラベル接続

同ページ内はラベル名のみで接続できます。
ラベル名が同じであれば、同ページ内は接続されます。
別ページへの接続は「ポート」を使用します。

ポート接続

ポート接続

同・複数ページはポートで接続します。
同・別ページへの接続はポートを併用し接続できます。

ラベルとポートの関係

ラベルとポートの関係

異なるラベル名を同じ結線上に配置することが可能です。
同、又は別ページへの接続が必要な場合はポートを使用します。

 

参考 ラベル配置Quadcept オンラインマニュアル 参考 ポートの配置Quadcept オンラインマニュアル

 

バス名設定の基本ルール

バスルールのフォーマット

バスルールのフォーマット

バスルールは「ラベル識別子」、「ラベルナンバーの範囲」、「オペレータ」の3つで構成されています。

用語説明

ラベル識別子 ラベルナンバーの前につける文字列の事で、同一のラベル識別子のラベルの接続を許します。
ラベルナンバー ラベル識別子のあとにつける数字のことです。
ラベルナンバー範囲 “[ラベルナンバーFrom:ラベルナンバーTo]”で記述し、
FromからToの間に入るラベルナンバーを許します。
オペレータ “/”で記述します。このオペレータを配置することで他のルールとの論理和(OR)を設定します。

 

バスルールの例

DA[00:20]/D/A DA00~DA20までのラベルの付いた結線とDとAのラベル識別子のラベルの接続を許します。
参考 バス配線Quadcept オンラインマニュアル

 

例:異なるネットを「ひとつのバス」にまとめる方法

異なるネット内容を持つ結線をひとつのポートにまとめて別シートに飛ばす場合、
「ポート名」には各ネットを“ / ”(スラッシュ)にて区切り、記述します。

各ネットは“ , ”(コンマ)にて区切られておりますので、“ / ”に変えていただくことでQuadceptの基本『バスルール』記述となり、接続可能です。

異なるネットを【ひとつのバス】にまとめる方法
0