BLOG

電子回路基板製造の『簡単便利』を追求した、ものづくりワンストップサービス 『 Elefab(エレファブ)』(1/3)

新しい電子CADの形

EDA業界初(※当社調べ 2010 年4月リリース)のクラウド電子CADシステム『Quadcept(クアッドセプト)』は、「クラウド」「コストパフォーマンス」「ユーザの声で進化」「イノベーション」という4つ(Quad)のコンセプト(Concept)で開発さ れたソフトウェアである。

従来の電子CADは高額製品が主流であり、初期費用と保守料金が大きな負担となるため、
特に中小企業ではCADの導 入に二の足を踏むケースも多く見受けられた。

そのため、製品開発の上流工程にも関わらず、プリント基板設計(アートワーク)を外注業者にアウトソーシングすることが 一般的となり、弊害として、外注先への設計指示や管理などで 予期していない工数や手戻りが発生し、試作納期が延長する だけでなく、基板設計のノウハウが蓄積されないことによる技術力の低下や余分なコスト負担を招くこともある。

その点、Quadceptは月額支払いのサブスクリプション方式を採用しているので、初期費用、保守費用、バージョンアップなどのコスト負担を軽減することができる。
回路設計CADである『Circuit Designer』、基板設計CADの『PCB Designer』をそれぞれ月額で、必要な時だけ契約し、使わない時は解約することができる。
管理者にとっては、無駄なコストを削減するだけでなく、ソフトウェアライセンスを効率的に管理し、運用することができる。また、常に最新版が提供されているため、バージョンアップ費用を支払う必要もない。

また、Quadceptは低価格、ハイエンドなCADの提供だけでなく、設計工程と製造・実装工程の垣根をなくし、手間のないシームレスな連携による短納期を実現するための ものづくりワンストップサービス『Elefab』をリリース。Quadceptで設計した回路・PCBの図面に含まれるデータを利用し、電子回路設計の作業中に基板設計、基板製造、部品調達、部品実装の価格と納期をリアルタイムで確認、設計後すぐに発注することができるようになった。

Elefab

電子回路基板製造の価格とスケジュール設定における課題

電子回路基板ができるまでの工程は基板設計、基板製造、部品調達、部品実装の4つの大きなプロセスに分割することができる。製品試作の段階から、回路設計者は各工程へ見積の手配、受発注処理をする必要があるが、多くの場合、相見積の手配、外注先も複数に渡り、納期もばらばらであるため煩雑な事務処理が多く、ただでさえ忙しい設計者の頭を悩ませるだけでなく、管理コストも膨れ上がっている。

各工程の見積依頼には、部品表(BOM)、設計指示書、製造用データ、外形図など多くの情報が必要となる。
一度見積が届いたとしても設計変更が発生する度に、変更後の最新データを送り、再見積と納期の再確認をしなければならない。

一般的に、それらは何度も繰り返される。リアルタイムで価格と納期を把握することは難しいため、工数の遅延やリスケジュール、想定予算のズレなどが発生する。 ものづくりワンストップサービス『Elefab』は、これらの問題を解決するため、見積価格、納期を簡単に確認できるようになっている(図1)。

各製造会社への見積依頼時に必要な情報

部品調達 部品表
基板設計 部品表、回路図、設計仕様書、基板外形寸法、ネットリスト
基板製造 基板外形寸法、製造仕様書、製造用データ、NCドリルデータ
部品実装 部品表、実装図、実装仕様書
現状の見積・製造依頼に必要な各データ各種
図1:現状の見積・製造依頼に必要な各データ各種

オンライン部品サービス大手3社と連携し、
データシート、価格、在庫をリアルタイムで確認

『Elefab』から少し離れるが、Quadceptでの部品作成、部品選定、調達の課題と解決方法を以下に紹介する。
設計者は電子開発をする上で、最適な部品を選択しながら、回路作成ができればベストであるが、量産工程に影響しないよう、選定した部品の調達可否、価格も同時に確認しなければならない。万が一、回路図作成後や基板設計、製造中に、部品の廃番(EOL)、調達困難状況などが判明すると、回路図作成への多くの手戻りが発生し、余計なコストも発生する。

そこで、Quadceptは、世界最大級のオンライン電子部品ディストリビュータDigi-key社(デジキー)、RS社(アールエスコンポーネンツ)、国内のチップワンストップ社と業務提携をし、3社の取り扱い部品合計約2,000万点の部品情報データベースと連携、回路設計をしながらリアルタイムで部品情報を確認することができるようになった。
Quadceptの回路図上で最新の部品在庫、価格を参照しながら、部品の作成と電子回路設計を行うことができる。部品情報や在庫状況、廃番情報は日々刻々と変化するものであるが、この連携機能により、後工程を考慮した設計を行い、出戻りを防ぐことができる。また、検索した部品の属性をQuadceptの部品データ項目に登録できるので、部品作成が容易になり、設計時間の大幅な短縮に繋がる(図2)。

回路図作成後は1クリックで部品発注することができる。価格や在庫状況を一画面で比較しながら選定することができるので、ブラウザをたくさん開き、それぞれに部品番号を入れて検索をする必要はなく、相見積も不要。納期と予算の管理が容易になり、注文後は、即日出荷で部品を入手することができる(図3)。

さらに、Quadceptでは部品ライブラリの無償ダウンロードサービス『Share(シェア)』も提供している。クラウドサーバ上に25万点の部品ライブラリを格納し、必要なデータをいつでも必要な時にダウンロードし無償での使用が可能。このサービスにより、シンボル、フットプリントなど部品作成の手間が軽減されるので、設計時間を大幅に短縮することができる。また、Shareにはあらかじめ各社(Digi-Key/chip1stop/RS)のIDも登録されており、データシート確認、部品選定、発注も簡単。『Share(シェア)』の部品無償ダウンロードサービスには、今後、国内半導体メーカーの部品が随時追加される予定である。

部品作成画面から最新のデータシート、価格、納期を確認でき、部品選定、属性登録が簡単
図2:部品作成画面から最新のデータシート、価格、納期を確認でき、部品選定、属性登録が簡単
部品表から在庫、価格を確認後、各社に一括発注が可能になる
図3:部品表から在庫、価格を確認後、各社に一括発注が可能になる