BLOG

Quadcept PCBからP板.comへの「基板製造連携」機能をリリース!

Quadcept株式会社(本社:大阪市北区、代表:仲田 徹)は、株式会社ピーバンドットコム(本社:東京都千代田区、代表:田坂 正樹)と業務提携及び共同開発を行い、同社が開発するQuadcept PCB Designer(プリント基板設計、3Dツール http://www.Quadcept.com )からP板.com(ピーバンドットコム http://www.p-ban.com )へワンクリックで基板発注が出来る「基板製造連携」機能を2014年1月10日(金)にリリースいたしました。

img_42215_1

 

この「基板製造連携」機能により、CAD側で保有している基板製造に必要な情報(外形寸法、層構成、板厚、レジスト印刷面、シルク印刷面、長穴の有無) を、ワンクリックでP板.comにデータ転送し、シームレスに製造見積を取得できるほか、発注までを迅速に行うことが可能となりました。また、CAD画面 上からワンクリックで、製造履歴、リピート注文、現在進行形の設計データの見積履歴などを参照する機能も搭載いたしました。

従来、基板製造を発注する際には、基板製造に必要な多くの情報を一つ一つ手動で入力する必要があり、外形寸法や基板の板厚など、入力を間違える人的ミスが 多発するという問題がありました。基板製造時の指示書作成についても今回の自動化により、業務効率化を図ることができます。

これらの機能を使用するためにユーザはあらかじめP板.comへ会員登録を行う必要がありますが、この機能により、基板設計者の手間や人為的ミスによる出戻りを大幅に軽減することが可能となり、基板試作スピードの圧倒的な向上を実現することができます。

■「Quadcept」について
初期費用無料の回路設計・プリント基板設計のソフトウエア。初期費用0円、保守費用0円、バージョン更新費用0円。月額使用料のみの3,980円から使用 することができ、既存のハイエンドクラスCADに比べ、ランニングコストが最大90%オフで運用することが可能。高機能でコストを抑えたクラウド型の電子 CADとして、高額なメンテナンス費用に困っている大手企業を中心に導入が進んでおり、2013年12月時点で6,000人以上のユーザにダウンロードさ れています。今後は、各種シミュレーション連携の充実、部品管理、承認、進捗管理などのPDM製品を順次リリースしていく予定です。

■関連リンク
公式サイト     : http://www.quadcept.com
オンラインマニュアル: http://www.quadcept.com/ja/manual

■会社概要
社名 : Quadcept株式会社
所在地: 〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町4 野村梅田A 704
代表 : 仲田 徹
URL  : http://www.quadcept.com